多汗症とワキガってニオイの種類が全く異なる!

多汗症とは普通以上に大量に汗をかくこと、ワキガとは主に脇汗によって強い刺激臭を放つこと。

混同されがちですが、そもそも定義からして全く違います。

確かに汗をかくと「汗臭く」なってしまいますが、「汗臭さ」と「ワキガ」は全く別物。

多汗症とワキガの違いを決定づけているのは、まさにこの「ニオイ」の違いではないでしょうか。

臭いの違いって何?まずは多汗症の臭いとは

臭いの違い

手のひらや足の裏など局所的に発症することの多い多汗症ですが、その汗の出所は体の至る所に存在する「エクリン汗腺」。

エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分で、残りの1%のうちの大部分を占めるのが塩分です。

他にもわずかにカリウムや亜鉛などのミネラル、乳酸や尿素などの老廃物もごくわずかに含まれていますが、人の嗅覚で気づけるようなニオイを放ってはいません。

つまり、汗それ自体は無臭。

エクリン汗腺からの汗は乾くと白く跡が残りますがこれも塩分によるもので、汗それ自体は無色です。

これがどうして「汗臭さ」を放ってしまうのかというと、皮膚の常在菌が汗に含まれるこれらミネラルに取り付いて分解するため。

この分解の際に発する悪臭ガスが「汗臭さ」の原因となるわけです。

ワキガの臭いって比べると違う?

一方、ワキガのニオイの原因となっている汗は「アポクリン汗腺」から出る汗で、アポクリン汗腺は脇の下や陰部などに集中的に存在しています。

この汗腺は毛穴の中に開口部があるため、分泌される汗には毛穴内の老廃物や皮脂をタップリ含んでいます。

具体的には、タンパク質や糖質、アンモニア、ピルビン酸等など。

このため白っぽく粘り気のある汗で、しかも塩分が含まれていないため肌がアルカリ性に傾いて皮膚の常在菌が繁殖しやすい状態にしてしまいます。

実はアポクリン汗腺から出る汗もそれ自体は無臭なのですが、繁殖し活性化した菌が汗内の沢山の成分をせっせと分解することで、エクリン汗腺からの汗とは全く異なる強い悪臭ガスが発生するのです。

この強い刺激臭は

「硫黄の臭い」

「スパイスのような臭い」

「古い雑巾のような臭い」

「鉛筆の芯のような臭い」

などと表現されますが、このように臭いにバリエーションがあるのは、汗の中に含まれる成分の違いやその含有量の違いでしょう。

いずれにしても周囲にいる人が強い不快感を感じてしまうほどキツイ臭いで、見た目には分からないほどの少量の汗をかくだけでも臭いが目立ってしまうのが特徴です。

従って、多汗症はニオイというよりその汗自体による弊害(触った書類が濡れてしまうなど)が大きな悩みで、ワキガは汗をかくことそのものよりもそれによって発せられる刺激臭が大きな悩みになる、と言えるでしょう。