脱毛が原因でワキガになる事ってあるの?

女性がムダ毛で気になる部位のナンバー1はワキ。

エステサロンやクリニックで永久脱毛する人は増えています。

でも、ワキの脱毛をすると汗をかきやすくなるとか、ワキガになるとか聞いたことはありませんか?

せっかくワキがツルツルになっても、ワキガになったら困りますよね。

本当に脱毛が原因でワキガになることがあるのでしょうか。

本当のところはワキガになることは無い!

脱毛とワキガ
まず、ワキ脱毛をしたら汗が増えるのかということについて考えてみましょう。

たしかに、ワキ脱毛後に脇汗が増えたという人もいますが、それは気のせいです。

毛がある皮膚と、毛が全くない皮膚とを想像してみると分かりやすいですよ。

毛が生えている部分に水をかけると、水は毛につくのですぐに流れてはいきません。

でも、毛が全然生えていないところに水をかけると、摩擦が生じないためスーッと水は流れていきます。

ワキも同じで、毛が生えていないと汗がワキにとどまらず、洋服についたり、下に垂れていくので脇汗が増えたように感じてしまうのです。

脱毛したことによって汗腺が刺激されて汗が出やすくなるということはないので安心してくださいね。

次に、脱毛はワキガの原因となるのかというてんですが、結論から言うと、脱毛したからといってワキガを発症することはありません。

ワキガの独特な臭いは、アポクリン腺という汗腺から出る汗に含まれている物質が、肌の常在菌によって分解されるときに発生します。

アポクリン腺の数や大きさは人によって違いますが、急に増えるということはありません。

だから、ワキガでない人が脱毛したからといって、急にワキガになってしまうということはないんです。

参考サイトはワキガ・脇汗の悩みにさよなら

一種の都市伝説のようなものですね。

ワキガの人は脱毛した方がいい!?

むしろ、ワキガの人はワキ毛の処理をする方が、脇の下が清潔に保たれて常在菌の繁殖を防ぐことができるのでおすすめなんですよ。

雑菌が減れば、アポクリン腺から出た汗と結びつかず、臭いの発生が少なくて済みます。

制汗剤を使ったり、汗拭きシートを持ち歩いて、汗をかいたら脇の下を拭くようにすれば、かなり臭いを軽減できるはずですよ。

もし、ワキガの人で脱毛した後に臭いがひどくなったなら、それは他の原因が考えられます。

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどの要因はワキガを悪化させます。

飲酒、喫煙などもワキガの原因になりますし、辛い食べ物や臭いの強い食べ物もワキガ臭を強くします。

デオドラントなどを使っても症状がひどくなるなら、迷わず医療機関を受診してくださいね。