シャツに付いた汗染みの落とし方があったら知りたい

投稿者:

腋臭と多汗症の洗い方

多汗症とワキガの違いはその汗の種類。

多汗症の汗はエクリン汗腺からでるサラサラとした無色透明の汗ですが、ワキガの原因となる汗はアポクリン汗腺から出る白濁した粘着性のある汗で、これらが下着やシャツに付着するとそれぞれ異なる性質の「シミ」を作ります。

多汗症の場合の洗浄方法

多汗症の汗、つまりエクリン汗が衣服についてそのまま蓄積されると、その部分が段々と黒ずんでいき、やがて酸化して黄ばんできます。

風通しが悪く蒸れやすい脇の下は勿論のこと、襟や袖など肌に擦れやすい部分もエクリン汗が付着しやすく、毎回洗濯しているつもりでも汗や皮脂が落としきれずに汚れが蓄積されていることがあります。

こうなると頑固な汚れでなかなか落ちないように感じますが、このシミを構成しているのはタンパク質や皮脂ですから、これらを分解する力を持ったアイテムを使えば実はそれほど苦労せずに汚れを落とすことができます。

普通の洗濯洗剤で落ちないようなら、台所用洗剤を使用してみましょう。

台所用洗剤は油汚れに非常に強いため、皮脂汚れを落とすのに効果的です。

まず台所用洗剤の原液をそのままシミ部分に数滴たらし、柔らかめの歯ブラシで優しく擦ります。

洗剤を繊維の奥にまで届けるような気持ちで方向を変えながら掻きだすようにして擦りましょう。

洗剤をすすぎ落してから普通に洗濯機で洗濯します。比較的浅いシミならこれで洗い落とすことができます。

食器用洗剤では落ちない強力な汗染みは、漂白剤を使用するのがお勧めです。

まず洗面器に40℃くらいのお湯を張り、漂白剤を溶かしてシミのついた服を1時間ほど浸け置きします。

すすぎ洗いで漂白成分を落としてから、洗濯機で普通に洗濯しましょう。

汗染みならこの方法で殆どがキレイになります。

腋臭の場合の汗ジミの洗い方

一方、アポクリン汗腺から出る汗には皮脂やタンパク質の他に、「リポフスチン」という色素成分が含まれているため、これが衣服に付くと濃い黄色のシミとなって残ります。

アポクリン汗腺が多い脇の下がシミになりやすく、これは皮脂汚れではないため食器用洗剤は勿論のこと、漂白剤でもなかなか落とすことができません。

このリポフスチンによるシミには、重曹が効果的。

炭酸水素ナトリウムである重曹は、水に溶けるとアルカリ性となって色素成分を分解・中和してくれます。

重曹大さじ1杯程度をぬるま湯で少しずつ溶いてペースト状にし、これを歯ブラシにとってシミ部分に塗り込みましょう。

5分ほど放置してから重曹ペーストを取り除いてすすぎ洗いし、最後にいつものように洗濯機で洗濯します。

シミだけでなくこびり付いているワキガ臭も洗い落とすことができますよ。

返信を残す